筋トレは自宅で工夫してやるべし!

筋トレは自宅で工夫してやるべし!

私が実践してる自宅でできる筋トレを紹介します。

 

3ヶ月やれば、大分効果はでると思います。

 

筋トレ法①

腕立て伏せ(手幅を広くとり床に胸をつける)のようなイメージで、顔をできるだけ上げて行います。そのとき足がポイントで、片足をもう片方の足に乗せてください。

 

負荷が通常の腕立て伏せより大きくなるので効果が上がります。それをゆっくり15回ほどやります。

 

次に脇を閉めての腕立て伏せを行います。足は同じで片足に乗せた状態で行います。これも10~15くらいやってください。そして最後は、ソファーに足を置き、両手を床に肩幅ほどに開きおいた状態で腕立て伏せを行います。顔を床の近くまでおろします。

 

逆立ちでの腕立て伏せはツライので私はこのやり方です。これもゆっくり10回です。腰を上げると負荷があがるので慣れてくれば上げてもOKです。これで胸と肩と二の腕はある程度鍛えられます。

 

筋トレ法②

背中、力こぶ(これは近くに公園があり鉄棒があれば懸垂で鍛えることはできますが、私はこれも自宅でやります。

 

まず、タンスなど角を見つけます。そのタンスが低い場合、しゃがみます。そして角に片手をかけます。できるだけ太ももの筋肉ではなく、腕と背中側の脇を意識してあがります。崖っぷちに片手でぶらさがってるイメージで。笑

 

10回を両手やります。

 

筋トレ法③

3、お腹(腹筋運動を普通にやります。ポイントはただ起き上がるではなく、おへそを見て、上半身を丸めるように上がります。その状態で3秒ほどキープします。これを15回。

 

もう1つは、仰向けに寝ます、足を揃えて足だけを上下にゆっくり動かします。これは下腹部にいいです。そして最後に下半身は、立ち上がる時に太ももを意識して5秒かけて立ち上がったり、椅子やソファーに座ってる場合は、片足で立ち上がるなど、日常立ったり座ったり寝たり起きたりするときに意識してやってます。

 

毎日やるのではなく、やれるとき、気づいたときにやるようにしてます。それだけでも体はかわりました。

 

筋トレ効果をアップ!

筋トレ効果アップする超簡単な方法があります。
それは最近流行りの加圧シャツを着た状態で筋トレをするという方法です。

 

加圧シャツで圧をかけた状態で筋トレすることで、普段以上の負荷が筋肉にかかるため効果的です!

 

加圧シャツ比較 >>